学部紹介イメージ写真
HOME > 学部紹介 > 教員一覧

教員一覧

新谷純代(シンタニスミヨ)
■職位
准教授

■学位・資格等
修士(保健学)・学士(人間学)
助産師・保健師・看護師・認定心理士・アドバンス助産師

■専門分野(領域)
母性看護学・助産学

連絡先
  • 電話番号 0157-66-3311(代表)

担当授業科目とその概要
(1) 母性看護学概論Ⅰ・Ⅱ

母性看護学実践の中核となる概念や母性看護の歴史的変遷、日本の母子保健の現状について学ぶ。また、女性のライフサイクル各期における健康問題と看護について学習し、援助方法について考察する。

(2) 母性看護学方法論

マタニティサイクルにある女性の身体・心理・社会的特性および新生児の生理について学ぶ。

(3) 母性看護学演習

周産期の女性と子ども、その家族の看護について、紙上事例を用いて看護過程の展開を行うとともに、技術演習を通して、実習時に必要なケア技術を習得する。

(4) 周産期ケア論Ⅱ(修士課程)

助産師として、分娩期の診断を正確に行い、産婦および胎児・新生児にとって安全・安楽かつ順調に経過することができるよう支援するための基本理論と知識を習得する。

(5) ウィメンズヘルス論(修士課程)

リプロダクティブヘルス論を基盤に、女性のライフサイクル各期の特徴と健康問題を明らかにして、健康教育の企画運営・実践・評価の一連の過程を実践する。

(6) 助産学特講Ⅰ(修士課程)

現代における日本の出産の現状を把握し、家庭分娩と施設分娩における特性をふまえた自然出産に向けたケアについて学修する。

(7) 助産学特講Ⅲ(修士課程)

妊娠・出産・産じょく、新生児期の主要な異常疾患の病態生理、必要な治療方法とケアをもとに、事例検討する。


主な研究とその概要
(1) 医療過疎地域における周産期医療に関する研究
(2) 地域性や文化性を考慮した妊産褥婦へのケアに関する研究
(3) 開発途上国の母子保健に関する研究

主な所属学会
(1)日本母性衛生学会
(2)日本国際保健医療学会

主な著書・論文
論文
モロッコ王国一農村女性たちの妊婦健診受診行動を規定する要因の検討、国際保健医療26(4):295-304,2011(単著)
北海道内の助産学生の就職先選定条件に関する実態調査、母性衛生59(1):105-111,2018(共著)