学部紹介イメージ写真
HOME > 学部紹介 > 成績評価・GPA評価

成績評価基準

授業科目の成績は、試験(筆記試験、レポート及びその他の方法)により評価します。

授業科目の出席時間数が全授業時間数の3分の2未満の者は、当該授業科目の試験を受けることができません。

成績評価は100点満点とし、それをS、A、B、C、Dに評価し、Dは不合格となります。

(S‥100~90点、A・・89~80点、B・・79~70点、C・・69~60点、D・・59点以下)

学習到達度の評価(GPA評価)

(1)GPAとは

GPA(Grade Point Average)とは、科目の成績評価をポイント(GP)に置き換え、単位数で重み付けをして計算する平均評価点のことです。GPAは、学生の学習到達度を客観的に測る指標として国際的に認められており、適切な学習指導や成績優秀者の判定に活用します。

(2)成績評価とGP(Grade Point)

各科目の100点満点の評点と評価、GPの関係は次表の通りです。

評価 評点 GP 合否判定
S 90点以上 4 合 格
A 80~89点 3
B 70~79点 2
C 60~69点 1
D 59点以下
(定期試験受験資格喪失による不合格を含む)
0 不合格
単位認定
(特別認定単位科目、既修得単位認定など)
除外  

(3)GPAの種類と計算式

GPAには、学年毎に計算する「学年GPA」と在学期間を対象に計算する「通算GPA」があります。計算式は次の通りです。計算値は小数点以下第2位を四捨五入します。

学年GPA = その学年の(履修した科目のGP ×単位数)の合計その学年の履修登録科目の総単位数

通算GPA = 在学期間中の(履修した科目のGP ×単位数)の合計在学期間中の履修登録科目の総単位数

(4)GPAの対象科目

GPAの対象科目は履修登録科目です。ただし、次に該当する科目は除外します。

①特別認定単位科目、入学前の既修得単位認定など他大学等で習得した本学における単位として認定された科目

②所定の期日までに履修取消し手続きを行った科目

(5)再履修科目取扱い

再履修により評価を得た科目については、以前の成績を上書きしてGPAを再計算します。

(6)成績分布資料

成績順位の目安として、GPAによる成績分布を資料として提示します。

(7)GPAの利用範囲

GPAの利用範囲は次の通りです。

①学年担任等による修学指導

②成績優秀者の判定

③退学の勧告

2年次以降の通算GPAが1.0を下回り、かつ学習指導をしてもなお改善が認められない場合は、退学を勧告することがあります。

④本学の教育・運営に係る検討

※GPAに基づく修学相談・指導

  • 修学相談
    学生及び保護者に対しては、成績順位の目安として以下のとおり、GPAによる成績分布を資料として提示します。なお、GPAによる成績順位は、成績優秀者の判定等に活用する非公開資料とし、学生及び保護者には提示しません。
    • 学生に対しては、成績通知表の配付時期(4月)に前年度の成績分布資料を大学ポータルサイト(ガルーン)に掲載します。
    • 保護者に対しては、保護者会の開催案内と併せて郵送する成績通知表に前年度通年及び当該年度前期の成績分布資料を同封します。
  • 修学指導
    学生が以下に該当する場合は、GPAによる成績分布資料を用いて修学指導を実施します。なお、2年次以降の通算GPAが1.0を下回り、かつ学習指導をしてもなお改善が認められない場合は、教務委員会及び教授会の議を経て退学の勧告を行うことができます。
    (1)学年GPAが前年度より下がった者のうち、指導を要すると教務委員会が判断した者
    (2)学年GPAが2.0未満の者
    (3)通算GPAが1.0未満の者