赤十字について
HOME > 赤十字について > 本学の赤十字活動

本学の赤十字活動

赤十字で看護の基礎を学び、その深さと大きさを知る。
救いたい人間の命と健康、尊厳を守るために日夜活動する人々がいます。それが「赤十字」です。
日本赤十字北海道看護大学はその基本原則のもと、人道=humanityの理念を実践する赤十字の一員です。
そして、赤十字の大学だからこそできる救護実践能力を身につけた、国内外で活躍できる、大きい愛をもった看護専門職者を育てています。
赤十字健康生活支援講習
「赤十字」について学ぶ

手当の基本や人工呼吸・心臓マッサージ、
AEDを用いた除細動などを修得する「赤十字救急法基礎講習」や、高齢者の介護の方法や健康管理、地域での高齢者支援を「赤十字健康生活支援講習」で学び、赤十字の一員として必要な基礎を学びます。


楽習会
「赤十字」の一員として行動する

学生サークル「災害beatS研究会」では、
被災した陸前高田市の子どもたちに
学習支援活動「楽習会」を実施。
被災地に復興の願いを込めながら、
今後も継続して子どもたちとの交流を深めていきます。


臨床実習
「赤十字」病院で学ぶ、実践する

看護学実習では、北見赤十字病院を含む
道内3ヵ所の赤十字病院が実習施設となり、
臨床実習を行います。
頼もしい先輩たちの丁寧な指導を受けながら、
赤十字の看護について学び、実践します。


救護活動
「赤十字」を実感する

東日本大震災では、
本学の教職員も救護活動に参加しています。
実際の現場の状況や活動内容を、直接、生の声を聞くことで、
災害時に求められる看護の姿勢について
考える機会となりました。