学部紹介イメージ写真
HOME > 学部紹介 > 教員一覧

教員一覧

伊藤善也(イトウヨシヤ)
■職位
教授

■学位・資格等
医学博士、医師、小児科専門医、産業医

■専門分野(領域)
小児医学、内科系医学

連絡先
  • 電話番号 0157-66-3311(代表)

担当授業科目とその概要
(1)診断治療学Ⅰ
血液疾患と内分泌代謝疾患の診断と治療を講義します。

(2)診断治療学Ⅱ
免疫系疾患、眼科疾患と皮膚科疾患、老年医学などについてオムニバス形式で講義する科目です。私は総論と腎疾患と免疫系疾患の診断と治療を担当します。

(3)診断治療学Ⅲ
精神神経科疾患、神経筋疾患と検査医学についてオムニバス形式で講義する科目です。私は神経筋疾患の診断と治療と検査医学を担当します。

(4)診断治療学Ⅴ
小児疾患と分娩・産科疾患をオムニバス形式で講義する科目です。私は小児疾患の診断・治療を担当します。

(5)臨床栄養学
オムニバス形式で講義を行います。そのうち、私は小児の栄養を担当します。

(6)感染免疫学
オムニバス形式で学習します。私は「免疫と臨床」を担当します。

(7)病態生理学演習
症状から病気の仕組みを学ぶ科目です。

(8)情報科学
情報の取り扱い方からPCを操作方法までを実践的に学ぶ科目です。

(9)基礎医学特講
病気の診断・治療などを基礎医学的な観点から学ぶ科目です。

(10)臨床医学特講
病気の診断・治療などを臨床医学的な観点から総合的に学ぶ科目です。

(11)統計学
データの処理の基礎から応用までを学ぶ科目でオムニバス形式で行います。

(12)助産学特講Ⅲ(大学院修士課程)
正常な発達・成長から新生児疾患などを学ぶ科目です。

(13)病態生理学(大学院修士課程)
疾患の背景にある現象を基礎医学的な観点から学ぶ科目で、オムニバス形式で実施します。

(14)フィジカルアセスメント(大学院修士課程)
基礎的な診察方法をオムニバス形式で学ぶ科目です。

(15)小児看護学特講Ⅰ(大学院修士課程)
成長の仕組みや評価を中心に学ぶ科目で、オムニバス形式で実施します。

(16)科学的研究方法論Ⅱ(臨床介入研究)(大学院博士課程)
臨床介入研究の倫理敵側面から立案計画、そして評価をオムニバス形式で学びます。

主な研究とその概要
(1)生活習慣病の疫学と対策
小児の生活習慣病がどのような生活習慣によって形成されるのか、どのような対策が有効かを研究しています。

(2)小児のヨウ素代謝に関する研究
ヨウ素と甲状腺疾患の関連などを全国的に調査しています。

(3)成長に関する研究
体格をどのように評価するかを中心に研究を進めています。

主な所属学会
(1)日本小児科学会
(2)日本糖尿病学会
(3)日本内分泌学会
(4)日本小児内分泌学会
(5)日本肥満学会
(6)日本甲状腺学会 など

主な著書・論文
著書
・図解からだのしくみ大全、永岡書店、2006(編集)
・現場で役立つラクラク成長曲線、診断と治療社、2007(共著)
・子どものヘルスプロモーション、医歯薬出版、2008(共著)

論文
・MB Zimmermann, Y Ito,ら:Am J Clin Nutr 81:840-4, 2005
・Y. Itoら: Endo J 53:699-703, 2006
・SJ Hanley, Y Itoら: Lancet 385:2571, 2015
・M Nagasaka, Y.Itoら:Arch Dis Child 100:250-254, 2015
・Y. Itoら: Clin Pediatr Endocr 25:77-82,2016