学部紹介イメージ写真
HOME > 学部紹介 > 教員一覧

教員一覧

前田陽子(マエダヨウコ)
■職位
准教授

■学位・資格等
修士(看護学)、看護師

■専門分野(領域)
小児看護学

連絡先
  • 電話番号 0157-66-3311(代表)

担当授業科目とその概要
(1)小児看護学特講Ⅰ(修士課程)

子どもと家族の成長発達を理解し判断するためのスキルを探求する。

(2)小児看護学特講Ⅱ(修士課程)

子どもと家族に関連するより複雑な倫理的課題に取り組むための態度および方略を探求する。

(3)小児看護学演習Ⅰ(修士課程)

小児看護研究のための研究方法を理解し、自らの研究への活用を探求する。

(4)小児看護学演習Ⅱ(修士課程)

小児看護における研究の動向と課題を探求する。

(5)小児看護学実習Ⅰ(修士課程)

小児看護実践を通して研究課題を探求する。

(6)小児看護学実習Ⅱ(修士課程)

小児看護に関する自らの研究課題について実践を通して探求する。

(7)小児看護学方法論

様々な健康レベルにある子どもとその家族に対する基本的な援助方法を理解し、医療施設に加え、教育施設・福祉施設等の子どもの健康と生活を支える小児看護実践や多職種との連携について学ぶ。

(8)小児看護学演習

様々な健康レベルにある子どもと家族の人権を尊重しつつ、子どもの健康と生活を支えるために必要な基礎的知識および小児看護技術を習得する。
子どもの健康の維持・増進または健康問題解決に向けた看護過程について事例を用いて学習する。

(9)小児看護学実習

子どもとその家族の健康状態を明らかにし、個別性に応じた健康の回復・維持・増進を図るための看護の実際を学ぶ。
保育園実習は幼児クラスを担当させていただきながら学ぶ。
病院実習はナースのシャドーイングやお子さんを受け持たせていただき看護過程を展開しながら実践する。

(10)看護の統合と実践Ⅰ

基本的看護技術について臨床実習に対応できる実践能力を客観的臨床技能試験OSCE(Objective Structured Clinical Examination)により確認・評価し,臨床実習を行うための看護実践能力を養う.

(11)赤十字幼児安全法

子どもの命を守り、社会全体で子どもを大切に育てるために、子どもに起こりやすい事故防止と事故に対する手当、家庭内における看病の方法、災害時の乳幼児支援に必要な知識・技術を学ぶ。

(12)看護研究演習

看護における課題解決に取り組む基盤を育成するために、看護に関わる現象に対する疑問や興味を、各自が関心のある研究課題にする。その課題を明らかにするための具体的方法を基に研究過程をとおして、論理的思考を学習する。

(13)看護総合実習

既習の看護学実習を通して学んだ内容を踏まえ、実際の看護チームの中での体験を通して、チーム医療における看護師の役割と機能を学び、専門職としての責任感と倫理観を含めた基本的な看護実践能力を習得する。


主な研究とその概要
(1)保育所における事故対策に関する研究
(2)医療的ケアを必要とする子どもの災害支援に関する研究
(3)小児がんの子どもの看護に関する研究
(4)若手教員の支援に関する研究

主な所属学会
(1) 日本赤十字看護学会
(2) 日本看護協会
(3) 日本看護科学学会
(4) 日本小児保健協会
(5) 日本小児看護学会
(6) 日本小児がん看護学会
(7) 日本看護学教育学会
(8) 日本医学看護学教育学会
(9) 日本看護研究学会
(10) 日本災害看護学会

主な著書・論文
論文
  • 北海道A市保育所における事故対策に関する実態調査,日本赤十字北海道看護大学紀要,18,5-13,2018.
  • 医療を必要とする子どもの災害支援に関する国内文献レビュー,日本赤十字北海道看護大学紀要,第16巻,45-51,2016.
  • 若手教員の教育力向上を目的とした助教助手の会の活動評価,日本看護学会論文集 看護教育,46,127-130,2016.
  • 思春期に小児がんを発症した患児の入院体験-小児がん経験者の語り-,日本小児看護学会誌,22(1),64-71,2013.