学部紹介イメージ写真
HOME > 学部紹介 > 教員一覧

教員一覧

吉谷優子(ヨシタニユウコ)
■職位
講師

■学位・資格等
看護学修士

■専門分野(領域)
精神保健看護学

連絡先
  • 電話番号 0157-66-3311(代表)

担当授業科目とその概要
(1)精神看護学実習
 病院の精神科病棟及び障害者自立支援法による就業訓練事業所/自立訓練(生活訓練)事業所にて、既習の知識・技術を活かして、精神の健康問題にとりくむ対象者と看護者との対人関係が相互作用で成り立っていること、および対象者の健康問題が日常生活にもたらす影響の意味を考えながら対象者とかかわり、一人の人として理解し尊重した援助方法の実際を学ぶ。
 対象者と関わる上で、自分の行動や発言を振り返り、自分の課題を明らかにし、自己洞察を深める。

(2)精神看護学演習
 精神の健康生活状態を評価できるように学修する。個人ワーク、グループワーク、ロールプレイ、ペーパーペーシェント、プレゼンテーションを主体とする。当事者からの体験談を踏まえ、ペーパーペーシェントを用い看護過程を展開して、必要とされる援助を見出すための理論、方法を習得する。

(3)精神看護学方法論
 精神看護学概論等で学んだ基礎的知識を踏まえて、講義を主体とし、ビデオ鑑賞・小グループによる討議、個人やグループワークをとり入れながら、精神の健康問題にとりくむ対象者への関わり方の理論と技術の基本および問題行動への対処法を学ぶ。


主な研究とその概要
(1)統合失調症患者の地域リハビリテーションに関する研究

(2)重症心身障害児者の在宅生活を支える援助に関する研究

(3)家族内暴力等被害者の支援に関する研究

(4)精神の健康問題に取り組む人の家族に関する研究

主な所属学会
(1)日本精神保健看護学会
(2)日本アディクション看護学会
(3)日本赤十字看護学会
(4)日本小児看護学会

主な著書・論文
著書
・(単著)国試直前の最終チェック! 合格に必要な全科最重要ポイント 精神看護学、ナーシングカレッジ 2006年2月号、36-37p、医学芸術社
・(共著)NCブックス看護師国家試験対策 総合問題集 パワーアップ国試2006、医学芸術社
・(翻訳)第15章 精神障害と物質乱用癖をもつ人たち、地域精神保健看護 220-238p、医学書院、Worley, N. K., Mental Health Nursing in the Community, 1999
・NICU退院おめでとう~その先々の安心へ~、2014年度後期 勇美記念財団 在宅医療に関する助成による冊子完成、2016

論文
・日本の障害者虐待に関する研究の実態,日本赤十字北海道看護大学紀要,17,25-33,2017
・日本の企業における精神障害者雇用に関する文献研究, 日本赤十字北海道看護大学紀要,15,45-54,2015
・東日本大震災と原発事故に遭遇した福島の手術室看護管理職者の対応,日本手術医学会誌,37(3),74-75,2016.
・東日本大震災と被災した宮古の手術室看護管理職者の対応,日本手術医学会誌, 37(3),76-77,2016.
・バイオ消臭剤の消臭効果-においモニターによる判定量的判定-,日本赤十字北海道看護大学紀要,9,25-30,2009.
・Mental health knowledge required for aid workers at battered women's shelters,日本赤十字北海道看護大学紀要、第6巻、Page27-36
・家族システムと喪失に関する研究、日本赤十字北海道看護大学紀要、 Vol.2
・Study for the components of “Mourning work” of the bereaved family ~On case of a wife who lost her fully trustworthy husband by death~, The 7th Asia Pacific Hospice Conference Final Program and book of abstracts, 99p
・困難とされた自宅への退院を支えた経過「自宅」にこだわる理由が明らかになり解決に結びついた事例 、日本精神科看護学会誌、Vol.48 No.1 Page.102-103